ヌメ皮の注意点

丈夫だが傷がつきやすい

ヌメ革はその加工法上、他の皮革に比べて繊維の目が詰まっているため非常に丈夫です。
少々荒い扱いをしても革自体が大きく損傷することはありません。
しっかりとケアをしていれば数十年単位で使い続けることが可能です。
しかし、ヌメ革は表面加工がされていませんので、表面の傷はつきやすいです。
爪があたったり、ちょっとこするだけで簡単に傷がついてしまいます。
その傷さえ味に見えてしまう、不思議な革です。

使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてくる

ヌメ革は、タンニンなめしによりなめされていますので、当初は繊維がびっしりと並んでいるため、固くゴワゴワしています。
しかし、使い続けることで繊維がほぐれてクッタリしてきます。使ううちに手の脂などが染み込んだり、日光などでツヤが出てきたり、あめ色へと変化し、唯一無二の存在へと変化します。
使用するごとに味のでる、10年後が楽しみな皮革です。*照明等でも変色を起します。

動物そのものの革だから革ごとに個性がある

ヌメ革は表面加工がされていない生の革です。
そのため、革の元となった動物それぞれの個性が残っています。
生きているときにできた傷痕(バラ傷)、血が通っていた痕(血筋と呼びます)などがこれにあたります。これらは本革である証ですので、傷などが味わいになります。

水に特別弱いので水濡れに注意!

ヌメ革は表面になにも加工をされていないので、水に特別弱いことで知られています。
特におろしたて当初は水に濡れるとすぐにシミになってしまうので、ある程度使い込んで表面がコーティングされるまでは特に注意が必要です。
水シミで色が濃くなってしまった部分は、経年変化により目立たなくなります。

ヌメ革のお手入れ

ヌメ革は革の表面に加工が施されていないため、水濡れなどによるシミがつきやすいのが特徴です。
使い込んでいくと手の油や革自体から出る油により自然の保護膜ができますが、まっさらな状態のヌメ革はやや汚れやすいので、購入した後、コロニル・シュプリームクリームを塗ると、汚れがつきにくくなります。
水シミもクリームの油分により付きづらくなります。また神経質な方は防水スプレーによる保護も併せると効果的です。
しかしながら、ヌメ革は傷やシミなどが味となっていくため、そこまで神経質にならず荒く使う方が、ヌメ革としての味が出てくるかと思います。

(c)PEET co.,LTD.